施設紹介

施設概要

所在地

東京都北区王子6丁目4番6号

代表者

北区長 花川 與惣太

運営主体

社会福祉法人 東京都手をつなぐ育成会

東京都手をつなぐ育成会
 統一ミッション

「私たちは、すべての人一人ひとりの人権と意思を尊重し、障害のある人もない人も共に社会・経済・文化ほかあらゆる分野に参加する機会を得て、主体性を持ちながら豊かな市民生活を送ることができる社会の実現を目指します。」

利用定員

50名

事業内容

生活介護事業/指定特定相談支援事業(相談支援事業所フレンズ)

 

生活介護

住み慣れた地域で暮らすために必要なことを身に付けられるようにします。
作業を行い、働く喜び、集中力、協調性を養い、社会との関わりを深めます。
週1回、個性や興味に応じたグループ活動を行います。
普段の生活に沿った活動(散歩、調理、買い物等)や行事(運動会、宿泊、お祭り等)を行います。
講師を招き、音楽療法やムーブメント、運動療法を行います

 

指定特定相談支援事業所 フレンズ

知的障害者のサービス等利用計画を作成します。サービスについての相談がありましたら、お問い合わせください。

強度行動障害支援養成研修(実務研修)を修了し、専門的な知識及び支援技術をもつ相談支援専門員を事業所に配置しています。

お問い合わせ:TEL03-6903-0041 / FAX03-3913-0189

 

北区立あすなろ福祉園
 サブミッション

『私たちは利用者一人ひとりの気持ちに寄り添い、充実感のある市民生活が送れるように支援します。』

 

令和4年度重点目標

利用者支援の充実

 利用者が主体的に活動に参加できるよう、サービス等利用計画を参考にする他、アセスメントを強化し、個別支援計画作成に当たる。感染防止を念頭に置いた環境を整え、活動内容に応じた利用者、職員の構成、オンラインの活用など、柔軟かつ、マンネリ化させない活動を提供する。

人材育成

 職員個々の課題・目標を明確にし、外部研修やSpecialLearningの受講を進め、職員の専門性を高めスキルアップにつなげる。特に「利用者支援の充実」に関連する研修には、積極的に受講できる環境を整えることや、法人や法人が関係する機関が企画する研修は、積極的に受講する。
 芸術活動に関する取り組み方や関連する研修や講習会に参加には、引きつづき参加し、知識を蓄えていく。

身体拘束等の適正に向けた取り組み

 虐待防止委員、利用者ケースに応じてチーム職員が出席し、身体拘束の審議をする。併せて、その結果を周知する。また、解除に向けて日々の支援を記録に残し、審議に有効な資料とする。必要な事案は、関係者に情報を発信し共有する。
 権利擁護に関係する研修は、施設の職員、関係者を含め学べる機会をつくり、また、区内三施設と協働し利用者の権利擁護について理解を深める。

事業継続に向けた取組の強化

 感染症、自然災害等、BCPに関わる研修、訓練を実施し、継続的にサービスが提供できるようにする。また、利用者家族への情報を発信や共有の方法は、直接声を聞く、関係機関と連携を取りながら進めていく。