本文へスキップ

恩方育成園は、社会福祉法人東京都手をつなぐ育成会が運営する障害者支援施設です。

TEL. 042-652-3825

〒192-0154 東京都八王子市下恩方町2794-1

ごあいさつMessage

『平成29年度を振り返って』

                       施設長 鈴木 崇弘

 朝晩の冷え込みもなくなり、目が覚めると、時間もかからずに、布団から出られるようになりました。ここ数日、日中の気温が、暑かったり、寒かったりしたので、寒暖の差に、体がついて行けず、体調管理が難しいです。この記事が、皆さんの目に触れるころには、「暑い、暑い」と言っているかもしれません。今年は、春の訪れが早かっただけに、これからの季節の移り変わりがどのようになるのか、予想もつきませんが、異常気象にならず、心地よい四季を感じられるような天候であってほしいと願います。
 さて、新年度を迎えて1か月が経過しましたが、今回は、平成29年度の状況について、少し振り返ってみたいと思います。
 まずは、利用者の状況ですが、平均年齢も50歳を超え、内科的な治療のための通院や入院も増加するなど高齢化及び重度化の影響が顕著化してきています。年度途中からではありますが、より健康面に配慮した支援体制を整えるため、看護師を2名体制とし、通院先や入院先の医療ソーシャルワーカー(MSW)等との連携を深めることで、利用者の健康状態を正しく把握する体制を整えました。また、従来から課題となっている嚥下機能の低下への対応は、言語療法士による定期訪問や歯科医師による所内研修を実施したことで、支援技術の向上及び一人ひとりに合わせた対応をとることができるようになりました。
施設設備におきましては、大規模な改修及び防犯体制の整備がひと段落したため、開設当時から使用しているタンスについて、経年劣化により不具合が生じ始めていたので、全タンス86台分の入れ替えを行いました。これは、利用者、家族からも要望が強くありましたので、年度内に改善することが出来てよかったと思います。長い間、ご不便をおかけしました。
 最後に、バックアップ施設であるグループホームえにしについてですが、早いもので開設から2年が経過しました。人員体制が整ったこともあり、短期入所の稼働率も45%程度まであがり、昨年比264%の達成となっています。また、短期入所事業においては、区との調整により、初めて第3者評価機構を受審し、利用者50名のうち、13名からのアンケートを回収することができました。(平成29年度事業報告1.全体状況より引用)
昨年度は、利用者の声を大切に、事業運営を行ってきました。引き続き、今年度も重点目標の達成に向け、職員一同、取り組んでいきます。どうぞよろしくお願いします。

                        2018年(平成30年)5月1日

バナースペース

 恩方育成園

 〒192-0154
 東京都八王子市

    下恩方町2794-1

 TEL 042-652-3825
 FAX 042-652-3826